編集後記

毎号の編集中にあった出来事、書き足らなかったことを編集後記で書いていきます。

佃月島新聞創刊3号を発行しました

つくつきホームページ バックナンバーからご覧ください。
 発行部数が9,500部になりました。創刊号は7,000部でしたが
2号で8000部でしたから2,500部増刊したことになります
以前の天空新聞では集合住宅を中心に配布していましたが、創刊号
からは一般住宅にも配布しています。その枚数が読み切れず、月島
3丁目・4丁目に配布できないこともありました。
印刷経費や配布手数料などが増加してしまいますが、佃月島新聞と
いう名前なのに月島に配布できない地域があるのはどうも・・・・
何とか増刷しました。
おかげ様で個人サポーターをはじめ、企業サポーターとして資金援助を
していただけるサポーターが増加しています。ありがたいことです
大切に使っていきます。サポーター会員の皆様はこんな方々です。
今回の特集は「石川島はじめものがたり」です。
この佃月島のはじまりはすべて石川島からです。こんなに変貌した地域
はないのでは・・・そんな石川島を取り上げました。
つくつき連載企画集 小冊子になりました。
人気の連載企画「つくつきかぞく」「街角植物観察日記」を36ページの冊子に
しました。5名の読者に抽選で差し上げますが、ホームページで掲いたします。
 
このメールマガジンも改良をいたしました。約800件の皆さんにお送りして
いますが、Gメールでは制限があり大変手間になっていました。新しくメール
マガジンの配信サービスに加入してプライバシー保護や携帯・スマホへの配信
充実を図っています。
では今月も佃月島新聞 つくつき をお楽しみください。
*******************************************************

おかげ様で佃月島新聞創刊2号を発行することができました。

つくつきホームページ バックナンバーからご覧ください。
この間多くの読者の方に励ましのお便りを頂戴しております。やっぱりと言われる
方も多かったのです。「何かこの頃の天空新聞おかしい」「広告ばかりになって
しまって・・・」「普通のタウン紙と同じになってしまった」などなど
「最初に戻って縮小してもコミュニティ紙の性格を強くしていく」
でも以前配布していた「勝どき」「晴海」「豊海」の方には大変
申し訳なく思っています。電子版でのご購読をお勧めしています。
選んだ選択は正しかったと感じています。
またサポーター会員登録も個人会員では30口、企業会員でも13社を
越えております。定期的な広告主も3社となり、おかげ様で一年間
発行できるメドが付きました。
発行部数も創刊号は7千部でしたが、2号より8千部に増刷しました。
今後も皆様のご支援を受けながら、無理のない程度に少しづつ拡大
し、以前配布していた勝どきや晴海の読者の方にも配布できるよう
頑張ってまいります。
いかがでしょうか。「つくつき」のロゴマーク・題字は。
読者記者の宇田川さんが大事と丸ロゴを制作していただき、
イラストは「つくつきかぞく」の本園さんが住吉さん・佃小橋・商店街
高層ビルをイラストにしてくれました。
特集は「地域活動への参加 町会・自治会に入ろう」です。
佃月島新聞の創刊によってこの地域をいきいきと住民が過ごせ、
住んでよかったと思える街づくりの一助になればと考えています。
中央区役所情報公開コーナーに中央区年鑑が公開され、その中に
町会・自治会の会長さんのお名前・連絡先が掲載されています。
あえて佃月島新聞に掲載させていただきました。
一部の役員の方に活動の負担がかからないように、住民の一人ひとりが
活動に協力していくことは大切なことです。
「自分の街の会長さん」みんなで会長さんの元、住みやすい街
作りに協力していきたいものです。
R60 THE ミュージカルが 再演されました
当日の公演の模様がホームページの最近の投稿(YouTube)からご覧いただけます。
約50分ほどの公演です。佐久間編集長も本人役で登場です。
では今月も「佃月島新聞 つくつき」をぜひお楽しみください。