第6回目 昼のみもできます。一軒で三度楽しめる長屋居酒屋カフェ「酒房蛮殻」

第7回目 昨日に続き、再訪。オヤジ3人を引き連れて 下にあります。

2022年9月23日、24日、27日 と三日間で4回行きました。いくらお気に入りでも短い間に行き過ぎではとお思いでしょうが、理由があるのです。
9月24日土曜日は「復活佃月島演芸館」が開催されました。2回目の開催でしたが、今回は改装なった築地本願寺佃島分院をお借りして午前午後2回公演で100名を超えるお客様で大盛況でした。
台風の襲来が予想される中、支障なしに開催できるかが懸念されました。前日は準備にお世話いただいた読者記者4人と事前打ち合わせと称した飲み会です。祝日ですから皆さん4時から集合ができました。
場所はこの間、月島路地散歩で見つけた「蛮殻」(ばんがら)と読みます。

まずは23日金曜日の来訪レポートです。

蛮殻 長屋を改装した趣ある店舗です。中央区月島1-25-7

営業時間は土日祝日は16時から、まさにオヤジの4時から飲みにふさわしい店です。一階と二階がありますが、一階は立ち飲みになっています。まずは今日の客の口開けです。一番奥のカウンター席に陣取りました。シニアだからと言ってカウンター椅子を用意してもらいました。

一階立ち飲みの売りは「ホッピー」です。そうです。下町の居酒屋で必ずある「キンミヤ焼酎」とホッピーセットなのです。でもちょっと違います。

蛮殻紹介ページより https://food-stadium.com/headline/32291/2/

ね?!立石や向島で飲む「ホッピー」と泡の立ち方が違います。みんな最初に飲んだこのホッピーに参ったという感じです。ホッピーに生ビールのサーバーからの泡をトッピングしているのです。全くマイルドで上品なホッピーに大変身しています。まずはお薦め「とりあえず ホッピーセット 千円」をご注文ください。(19時までの限定だそうです。16時から飲んでいるオヤジにはぴったり)これが値打ちもんなのです。お通しは日替わりのようですが、「きゅうりの野菜サンド」です。そういえば本格的なBARでサンドイッチをお通しにするところがありますね。そんな雰囲気もこの蛮殻にはあります。店員さんが本格的バーのような蝶ネクタイの白シャツです。作務衣を来ている店員の立ち飲みとは違いますよ。おじさん達!心して訪問するように。

「とりあえずホッピーSET」注文はちょっと説明を一回聞いただけではわかりませんでした。まずはホッピーをチョイスします。いろいろとありますが、私は黒にしました。白・ハーフ&ハーフ、その他が選べます。お通しの日替わり「野菜サンド」、そして日替わりの「惣菜一品」です。
次はシュウマイを選びます。「牛・豚・羊」の中から、調味料も3種類あります。シュウマイ絶品でした。お持ち帰りのお惣菜コーナーも店頭に併設されています。まぁここまででメニューにも書いてある「概念変えに行く蛮殻の…」は嘘ではないことがわかりました。
連れて行ったメンバーも「編集長の連れていく店だから、どうせキタウマの店だろう!」と思っていたようです。いままでの「オヤジの四時から飲み」のお店がそうでしたから、見事期待を裏切りました。大満足の皆さんでした。
一日目、一回目のレポートはまずは終了です。続く

第7回目 昨日に続き、蛮殻 再訪。オヤジ3人を引き連れて
この日は築地本願寺佃島分院のこけら落とし公演「復活佃月島演芸館」が開催され午前の部・午後の部を合わせて100名の方にお越しいただきました。15時半に終演しましたが、昔の職場仲間が月島昼飲みのために待っています。後片付けがありますから、3人には島根の酒「つねまつ久蔵商店」で待っていてもらいます。ここが開店した時から通っている居心地のいいおしゃれな立ち飲み屋さんです。先代の常松さんのきちんとした方針でスタッフも接客も、ちょうどいい量のオリジナル肴もお気に入りです。土日は15時から開店ですからぴったりの時間です。
もう16時を過ぎましたが、駆け付けました。つねまつでビールを軽くいっぱい。4人で蛮殻に向かいます。ミッド


オヤジの四時から飲み トップへ
ホームへ