シルバー川柳傑作集 投稿投票ページ

投稿

2月号で募集した読者川柳投稿ですが、紙面の関係で全部掲載することができません。このホームページで掲載し、読者の投稿で傑作集を発表していきます。

まずは編集長より

花粉症 昭和の時代も あったっけ  
もう昭和は遠い過去のことになってしましました。

春が来た 目に来た 鼻来た 喉に来た
つらい季節になったきましたね。

ユーミンの 歌口ずさむ うれし春
編集長はフォークソング世代です。

拓郎も 春だったね 歌った春もあり
編集長の持ち歌です。

次は読者記者でIT相談室常連の吉田さんです。俳号は 春風爺さん
春がきた 冬眠さめず永眠す
・・・ヤバい年齢になりました

春がきた 私の財布はツンドラだ
・・・一年中変わりません

春がきた あと何日でお正月
・・・今がいつなのか分らん

春が来たでなくても良かったのですが・・ありがとうございます。

続いてはシルバー川柳(中央)クラブの皆さんです。

⑧春嵐祝い引きつれサイフ冬      迷子
⑨ついに来た目鼻グズグズ春になり   安魚
⑩オレも人春には少しウキウキし    安魚
⑪はやくこいババシャツ重ね春を待ち  安魚
⑫缶チュウハイ飲めと桜がはやしたて  風天
⑬1年中私は春よああ楽し       風天
⑭春めいて体フレイル認知めく     風天
⑮春はねーやっぱりいいねと茶をすする おはやし
⑯春休み孫のクイズに負けてやり    おはやし
⑰ストレスを捨てる女房の春旅行    おはやし
⑱いきちがう心のあり方春に似て    山婆
⑲ねこやなぎ手おる春の一人じめ    山婆

さすが川柳を超えている作品が多いです。

最後はいつも選評を書いていただいている野原さんです。
奥様と共作だそうです。

⑳もいいかい こたつじまいは まあだだよ(暑がり妻と寒がり夫の会話)
㉑春なのに 着ぶくれみたい 俺の腹
㉒食べ過ぎて 春になっても 重い足 
㉓桜良し ごちそうあれば さらに良し
㉔カメラ手に 桜前線 にらめっこ
㉕隅っこで 一人ぽつんと 花見酒

ホームへ

コメント

  1. 佐久間編集長 より:

    選句は5句までです。
    ④拓郎も 春だったね 歌った春もあり  拓郎も私も70歳を十分に超えました。
    ⑤春がきた 冬眠さめず永眠す      吉田さん 生きていますか?!
    ⑩オレも人春には少しウキウキし   安魚  わかります わかります 
    ⑱いきちがう心のあり方春に似て    山婆  芭蕉の一句でしょうか?格調高い!
    ㉕隅っこで 一人ぽつんと 花見酒  どうしたんでしょう。昨年の花見で大騒ぎして失敗しましたか。

  2. 野原博幸 より:

    ②春が来た 目に来た 鼻来た 喉に来た   つい、歌いだしたくなるフレイズですね。
    ⑫缶チュウハイ飲めと桜がはやしたて    満開の桜の下で盛り上がっている雰囲気が出ていますね。
    ⑯春休み孫のクイズに負けてやり     孫って、やっぱり、可愛いですね。
    ⑳もいいかい こたつじまいは まあだだよ   夫婦って、こういいながら、何十年も連れ添うんですね。

  3. 浜野 豊 より:

    浜野豊
    ⑤春が来た冬眠さめず永眠す    去年の春・夏・秋・冬寝たきりで新春を迎えられずですね。分かります。現実的です。
    ⑰ストレスを捨てる女房の春旅行  一番いい季節を選んでの旅行、奥さんの特権、誰も文句は言えません。 
    ⑲ネコやなぎ手おる春の一人じめ  折ることは奨められませんが、一人優越感に浸る いいですね。
    ㉔カメラ手に桜前線にらめっこ   カメラもつ高齢者が多い時代、何か理由が欲しいのです、それが桜前線、名目です。
    ㉕隅っこで一人ぽつんと花見酒   俺は騒いでいるみんなと違うよ!自己主張。

  4. 佐藤光子 より:

    ①花粉症 昭和の時代も あったっけ   に一票

タイトルとURLをコピーしました